登別温泉

登別温泉は、北海道の登別市にあり、札幌や函館からのアクセスも便利な温泉地です。強烈な臭いの硫黄泉や鉄泉など九種類の源泉は、皆個性があり多くの温泉ファンを魅了していて、じゃらんの人気温泉地ランキング上位に入っているのも納得です。重量は1日1万トンとも言われていて豊富に湧いた温泉は登別温泉の各温泉宿に引き湯されています。中でも登別温泉を代表する人気観光スポットである地獄谷から引きしている温泉宿が多いです。
登別温泉交通アクセス
車:道央自動車道登別東ICより県道経由、約5km

登別温泉よくある質問 Q&A

☆登別温泉周辺で人気のある観光スポットでおすすめを教えて下さい。
登別温泉のシンボルである地獄谷には必ず立ち寄ってください。
登別温泉 地獄谷>>>
子供に人気のくま牧場、景色の美しいクッタラ湖がおすすめです。
登別温泉の楽しみ方>>>
☆登別温泉周辺の人気ゴルフ場、スキー場、釣りスポットを教えて下さい。
関連記事>>>
☆登別温泉で夫婦やカップルにおすすめの温泉ホテルはありますか?混浴出来るお風呂があれば最高です。
客室に専用露天風呂が付いている部屋がある宿がおすすめです。時間や回りの目を気にしないで二人でゆっくりと混浴を楽しむことが出来ます。展望が良ければ夜、星空を見たり雪景色や紅葉など四季折々の景色を楽しみましょう。露天風呂に入りながら紅葉狩りも楽しいです。
混浴可能な露天風呂 ホテルまほろば>>>  
☆登別温泉で赤ちゃん、子供連れ歓迎の宿はありますか?
第一滝本館>>>
☆登別温泉でペット(犬)同伴が可能な温泉宿はありますか?
残念ながら、登別温泉にはペットと一緒に宿泊できる温泉ホテルはありません。 
☆登別温泉で食事の美味しい温泉旅館を教えて下さい。
バイキングは好きな料理を好きなだけ食べれるのでおすすめです。バイキングを採り入れている温泉旅館は、どこでも40品程の豊富なメニューになっていて、料理のジャンルも和、洋、中と色々です。地元産の旬の食材を積極的に使っているのも特徴です。
バイキングの充実している温泉旅館>>>お部屋で配膳してくれる宿の料理は、懐石料理が中心です。旬の素材や地元産の食材を使っていて、盛り付けや器もきを使い、見た目も美しく洗練された料理を出す宿が多いです。部屋食は気兼ねなく食事が出来て人気が高いです。
会席料理の美味しい宿>>>   
☆日帰りで温泉旅行を楽しむプランはありますか?
高級老舗旅館でも外来の日帰り温泉入浴のみが可能な旅館があります。湯船や設備が凝っている旅館ばかりで、高級感がありますので、リッチな気分を味わえます。
格安で日帰り入浴を利用したい場合は共同浴場を利用すると良いでしょう。周辺の人気観光スポットやグルメスポット、お土産店巡りを織り交ぜればオリジナルのプランが考えられ、温泉旅行の楽しみ方色々です。
日帰りの温泉入浴が可能な宿、共同浴場情報>>>
☆登別温泉で岩盤浴の楽しめる温泉宿はありますか?
もちろんあります。岩盤浴は体の老廃物が出て気持ちいいと評判です。ここは宿泊はもちろん、日帰り入浴でも岩盤浴が楽しめる貴重な宿です。
岩盤浴の楽しめる宿 望楼NOGUCHI登別>>> 
☆登別温泉で女性のグループが安心して楽しめる温泉ホテルはありますか?
女性グループ歓迎の宿>>>    

登別温泉宿の日帰り入浴

登別温泉 第一滝本館
1500坪もの広い入浴施設には大小35のお風呂があり湯巡りが楽しいです。自家源泉を有していて、お隣の地獄谷からの引き湯しているお湯も含めて7種類の泉質が楽しめます。 露天風呂はもちろん打たせ湯や蒸気湯などの健康浴もあり、休憩室も完備している施設です。入浴料金2000円
登別温泉 登別プリンスホテル石水亭
大浴場、サウナ、ひのき風呂、露天風呂、泡風呂など温泉設備は充実しています。入浴料は格安の800円です。休憩の出来る大広間があり待ち合わせに便利です。
祝いの宿 登別グランドホテル
ローマ風ドーム天井の大浴場は天井が高く開放感があります。小さな湯船がいくつもあり三種類の泉質の異なったお湯は、それぞれ個性があり全部に入浴していただきたいと思います。露天風呂はひのき風呂、岩風呂あり日本庭園を眺めながら入ることが出来ます。入浴料1000円
登別万世閣
登別温泉街の入り口にある温泉ホテルで、豪華な内装の大浴場は最高の気分で入浴できます。露天風呂は広く登別温泉のお湯を堪能できます。入浴料1000円
共同浴場
夢元さぎり湯
共同浴場と言うよりは銭湯をイメージしていただけるといいと思います。温泉街の中心地にあり、受付は一階ですが、お風呂は地下にあります。館内に入ると硫黄の臭いぷんぷんで、温泉好きにはたまらないと思います。お風呂は男女別々の内湯のみですが、浴室に入るとかなり広く、タイル張りの浴室は豪華な感じではありませんが、清潔で好感が持てます。湯船も三つもあり源泉掛け流しのお湯は湯量も豊富なにごり湯で湯船の底が見えない程でいい感じです。入浴料390円

登別温泉の楽しみ方〜釣り、ゴルフ、スキー場〜

クッタラ湖のヒメマス釣り
クッタラ湖はヒメマス釣りが出来ます。このヒメマス釣りは別名チップ釣りと言って周辺では人気のある釣りになっています。ヒメマス釣りの解禁期間は5月の中旬〜7月末までになって、ヒメマス釣りをする人は、ボートを借りて湖上に出ないといけないルールになっています。わずか2月ちょっとの短い期間ですが、期間中は美しい景観も手伝って多くの人でにぎわいます。
登別漁港
登別温泉から車で約15分のところにある登別漁港付近は登別温泉近辺の釣りスポットの穴場になっています。場所は登別マリンパークニクスの裏手辺りになります。防波堤からの釣りになりますが結構型の良いアブラコなどが釣れて十分に楽しめます。周辺には釣具屋もあり釣り餌も売っています。
登別温泉近辺のゴルフ場
登別カントリー倶楽部
登別カントリー倶楽部は登別温泉から10分程と近くにあり、約30種類の樹木に囲まれた林間コースです。夏でもそれ程暑くなく森林浴を楽しみながらのプレーは最高です。登別温泉の第一滝本館の宿泊と登別温泉のゴルフ1ラウンドプレーがパックになったお得なプランがおすすめです。
北海道ゴルフ倶楽部
36ホールの大型ゴルフ場で広いくて、思いっきりゴルフが楽しめるアメリカンタイプのコースと上級者向けタフなコースと2コースあります。
伊達カントリークラブ
コースから見える有珠山が美しくのびのびとしたゴルフが楽しめます。コースは北海道では一番シーズンの長いゴルフ場として有名です。
登別温泉のホテルまほろばの温泉とゴルフのパックがおすすめです。
登別温泉近辺のスキー場
登別温泉のお隣にあるカルルス温泉にあるスキー場です。ゲレンデからは太平洋、駒ヶ岳、日高山脈などが一望できる抜群な景観が楽しめます。ゲレンデは全7コースあり初心者から上級者まで自分にあったゲレンデを選ぶことが出来るので、スキーはもちろんスノーボードやショートスキーまで楽しめます。スキー、スノーボードスクールも充実していて初心者や子供でも安心です。大型のレストランやスキー、スノーボードのレンタル、更衣室などを完備したスキーセンターがありとても便利です。

登別温泉の楽しみ方

のぼりべつクマ牧場
のぼりべつクマ牧場の園内では100頭以上のクマが飼育されています。オスは第一牧場、メスは第二牧場に分けられ、子グマの遊ぶ子グマの幼稚園もあります。のぼりべつクマ牧場では「クマと友達になれる」がキャッチフレーズで、ここでは「死んだフリ」もみな無です。クマって結構かわいいですね。メスのクマのいる第二牧場では、牧場の上から餌を投げて与えることができ、メスたちは立ち上がって片手で餌をキャッチするシーンも見れて癒されます。オスのいる第一牧場では、シューターと呼ぶ筒を利用して餌をやることができます。背丈2m以上、体重400kgにもなるオスが、目の前までやってくるのは大迫力で思わず「死んだフリ」をしてしまいました。

周辺観光 クッタラ湖
登別温泉から程近く、少し山の中に入った所にあるクッタラ湖は、支笏洞爺国立公園の特別区域に指定されており、注ぎこむ川も、流れ出す川もない原生林に覆われた周囲8.5kmもあるカルデラ湖です。最大水深は148mと言われていて、手付かずの自然は雄大と言う言葉がピッタリです。クッタラ湖が扇型に見える扇型展望台があり、ここから見渡すクッタラ湖はとても美しく、摩周湖についで第二位の透明度は神秘的なイメージです。植物鑑賞が楽しめるハイキングコースは約40分程でキタキツネやリスとも遭遇できます。秋の紅葉のシーズンは特に見事な景観になり、貸しボートで湖上から見る景色も格別です。

名湯の宿 パークホテル雅亭

名湯の宿と名づけられている通り、自家源泉のほか硫黄泉など4種類の湯を引く色々の湯船が自慢で、豊富な湯を掛け流しにしています。乳白色のにごり湯もあり、湯の温度はややぬるめと高温に設定されています。ぬるめのお湯では長湯も楽しめるので、とても体が温まり、すべすべとした美肌になると評判です。名湯の宿パークホテル雅亭は有料ながら、アロマエステコーナーがあり肌をトリートメントすることで温泉との相乗効果も期待でき、血液やリンパの流れを整えてくれ、肌に張りが出て美肌に効果があります。売店ではビールが売っていて、登別温泉の地ビールは赤い缶で登別のシンボルの鬼の絵がデザインされていて、湯上り後に飲むと格別です。お土産にも喜ばれると思います。
食事はバイキングになっていて、地元北海道の旬の食材を中心に和、洋、中華の約40種類の料理が並び、ズワイガニも食べ放題になっています。料理が並ぶカウンターの後ろがオープンキッチンになっていて、作りたての料理が食べれます。バイキングの人気の料理である中国人の点心師が作る餃子もここで作られています。デザートのケーキは小さくカットしてあって色々食べれて楽しいです。
客室はホテルならではの洋室ですが、和室もあり子供連れにはこちらをおすすめします。

登別温泉 登別プリンスホテル石水亭

登別プリンスホテル石水亭は温泉街の中心部から少し離れた高台にあり、静かで自然と景観を楽しめる立地です。春、夏は森林浴や避暑地として、秋は紅葉、冬はスキーが楽しめます。近くには遊歩道が整備されていて、大正地獄、大湯沼、日和山、奥の湯などを散策しながら森林浴が楽しめます。また、大湯沼川沿いの探勝歩道途中には天然足湯が体験できる場所が整備されていますので、ぜひ立ち寄ってみてください。
登別プリンスホテル石水亭のお風呂はとても充実しています。メインの大浴場のほかに、大風呂、サウナ、檜風呂、泡風呂があり、露天桶風呂、露天陶器風呂は大湯沼から引かれた源泉が掛け流しにされています。タイル張りやひのきの香りの良い、広くて落ち着ける貸し切り風呂や二名一部屋の貸し切り岩盤浴もあり、こちらも人気が高いです。
登別プリンスホテル石水亭は別料金ながら、アロマエステのスペースがあり、温泉との相乗効果でさらに肌を綺麗にする事ができ、女性に人気です。温泉で癒された肌をトリートメントすることで効果が増し、血液やリンパの流れを整えてくれ美肌に効果があります。
料理は夕食、朝食ともに和、洋、中華で約40種の料理がそろう充実したバイキングが人気です。地元北海道らしい旬の食材が使われていて大満足です。プランにより和食会席膳のコースも選べます。

登別温泉 第一滝本館

登別温泉 第一滝本館
第一滝本館の温泉は3階建て、1500坪の広いスペースに大小計35のお風呂があると言うビッグスペースです。色々な湯船に入れ、蒸気風呂、歩行浴、打たせ湯などの健康浴もある湯めぐりが楽しいまさに温泉天国です。敷地内から湧き出る自家源泉や登別温泉の泉源である地獄谷から引いている源泉掛け流しの湯は湯量も豊富で、泉質は酸性硫化水素泉や食塩泉など、7種類もあってバラエティに富んでいます。7種類もの泉質を1ヶ所で入浴できるなんて贅沢ですね。大きな窓から源泉地の地獄谷を見下ろすことができる温泉天国は男女入れ替えなしで、24時間入浴可能なのも嬉しいサービスですね。温水プールも年中無休で利用できます。滑り台やウオータースライダーで遊べ、子供も大喜びでした。プールから露天ジャクジーヘ出ることができて、このジャグジーからは地獄谷の迫力ある景色が一望できます。男女一緒に楽しむ事が出来るので、家族連れにはおすすめです。ホテル側も子供連れ歓迎と言う姿勢なので、安心して子供と一緒に温泉旅行が楽しめます。第一滝本館のお風呂は35個もあると言うビッグスペースですが、客室もかなりのビッグスペース、四つの高層化された建物からは、登別温泉が見渡せることが出きます。
第一滝本館のシンボルの大金棒は高さは9m。時間になると地獄谷にちなんでか、からくり仕掛けで桃太郎と鬼が現れる楽しいオブジェです。この大金棒の近くにあるおみやげ処では、第一滝本館のオリジナルお土産「鬼の福まんじゅうと水まんじゅう」が購入できるので、お土産にも喜ばれそうです。
食事は人気のバイキングです。和、洋、中華約55品が並び、蒸し物、焼き物、鍋物など、作りたてが味わえる屋台も並んでいて楽しく、美味しく食べる事ができます。

望楼NOGUCHI登別

望楼NOGUCHI登別は高級感のあるハイクラスな温泉ホテルです。照明を落としたロビーには有名彫刻家作のオブジェや緑豊かな日本庭園が見る事が出来ます。お風呂は高級感のある御影石の湯船やゆったりとしたスペースの露天風呂は源泉かけ流しのお湯が贅沢にそそがれています。
客室数40室は全室スイートと言うべき広く贅沢な客室になっていて、どの客室にも展望露天風呂がついていてプライベートな空間を楽しめます。料理は北海道産の旬の高級食材を使っていて、その食材の産地も説明してくれるので、贅沢で楽しい食事が出来ます。自家製のパンも北海道産の小麦粉を使うと言う徹底ぶりで個室での食事は北海道をまるごと味わうことができます。朝食は和食か洋食が選べることができます。
館内はいま流行のアロマエステや岩盤浴のスペースも充実していて、温泉入浴との相乗効果も期待できます。岩盤浴は個室になっていてカップルの方など混浴で利用できます。

登別温泉の泉質一口メモ
酸性ー含硫黄ー硫酸塩泉 
登別温泉の代表的な泉質の一つ。酸性が非常に強いので、水虫や雑菌による皮膚病に効果が高いと言われています。
造血作用を高める働きもあり、又、血管を拡張し血流を促進しますので神経痛、筋肉痛、関節痛にも効果があります。
ただし、刺激の強いお湯なので乾燥肌や敏感肌などの皮膚の弱い人は入浴を避けるなどの注意が必要です。上がり湯はできるだけしない方が泉質による効果は高いです。

ホテルまほろば

旅館名の「まほろば」とは、「すぐれたよいところ」と言う意味だそうです。ホテルまほろばの自慢は4種類の温泉が満ちあふれる31か所のお風呂です。なかでも地下2階の単純硫黄泉の湯はかなり広々としたお風呂です。目の前には春、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の美しい庭園を見ることが出来てリラックスして温泉を楽しむことが出来ます。泉質はこれぞ温泉と言った白濁した硫黄泉で湯船に浸かると日本人で良かったと感じられます。ホテルまほろばのもう一つの自慢は展望風呂付きの客室です。7階から10階までの高層階にあるので温泉に浸かりながら臨む景色は絶景です。展望風呂は開閉のできるガラス戸で仕切られていて、夏は開けて風にあたりながら、冬は寒い気候の中でも美しい景色を楽しむことができます。雪が降っていたら最高ですね。客室の展望風呂も温泉で、浴槽に引かれているのは硫黄泉になっています。この硫黄泉は美白効果があると評判の湯なのでカップルで利用する時には女性に効能を教えてあげるといいですね♪
料理がとても美味しいと評判のバイキングは約60種とよそのホテルのバイキングよりも豊富な種類の料理が並びます。バイキングの目玉は毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニの3大ガニの食べ放題で満腹になるまで食べてしまいました。
まほろばオリジナル菓子「まほどら」は、売店内の工場で作られてお土産におすすめです。

祝いの宿 登別グランドホテル

祝いの宿 登別グランドホテルは洋風の雰囲気があり「登別の迎賓館」と言われている温泉ホテルです。ホテルの自慢はローマ風ドーム天井の大浴場ですが、エキゾチック雰囲気と評判です。この大浴場の他に小さな湯船がいくつもあり、3ヶ所の源泉から異なった泉質の湯をそれぞれの湯船に引いていると言う贅沢な温泉になっています。泉質は食塩泉、硫黄泉、鉄泉で、湯めぐりも楽しめます。露天風呂も露天ひのき風呂、露天岩風呂と2種類もあり、和風庭園露天風呂と言う雰囲気で、お風呂は非常に清潔で気持ちよかったです。全体的にお湯はぬるめになっていて長風呂がきると評判です。
食事はプランにより客室で食べれる懐石料理のコースとバイキングが選べます。プランの目玉は噴火湾で獲れた毛がにやホタテ、甘エビなどで、他のメニューも北海道ならではの新鮮な食材を使っていて、盛り付けも美しく豪華な感じです。
バイキングの食事会場でもあるグランドホールはサンルームのような造りになっている席もあり開放感いっぱいです。バイキングの料理は約40種類程ありオープンキッチンで作った、作りたての熱々の料理が食べられます。食材は旬の地元の食材を使っていて魚介類は新鮮そのものでした。パンもホテルで焼いた焼きたてです。
売店では北海道の大人気商品のじゃがポックルが売っていました。とにかく人気があり陳列してもすぐに売り切れ状態なので巡りあえるのは運しだいです。もう一つ人気のある登別グランドホテルの食塩泉から作った無添加の化粧水の「悠泉美水」は肌への浸透力と保湿力が高いと好評です。

登別温泉 地獄谷情報

登別温泉の観光スポットで外せないのが地獄谷ですね。ここは必ず見てほしい所です。思い出に残る温泉旅行を楽しむ事が出来ます。地獄谷は温泉街から徒歩10分程の所にあり、登別温泉の散策に最適です。地獄谷は登別温泉で使用する温泉の約4分の3の源泉地となっています。地獄谷は山が噴火してできた爆裂火口の跡がくぼ地となった所です。地獄谷の面積は12ヘクタールもあり、長径は約450m。地獄谷の中に作られている遊歩道を散策すると、噴気孔から硫黄やガスを噴き出して白い煙をもうもうと上げ、熱湯が湧き出る湧出口を見ることが出来ます。遊歩道は地獄谷を一周出来る遊歩道の他に、地獄谷の北側にある大湯沼へ行く大湯沼遊歩道、大湯沼第2遊歩道があります。遊歩道を散策すると地獄谷のパワーを感じます。遊歩道を散策しながら大湯沼へ行くと大湯沼の沼(湖?)一面から湯気が立ち上がっていて驚いてしまう。この大湯沼は沼底から熱泉が湧き出ていて沼の深いところでは湯温130度、水面でも40〜50度あるという熱湯の沼。まるで巨大な
温泉ですね。沼から立ち昇る湯気で大湯沼全体の景色を見ることは出来ないのが残念です。大湯沼は周囲1q、ひょうたん型をしていて、湖畔には黄色くなったイオウの塊を見ることができます。
地獄谷のもう一つの見所は入口近くにある地獄谷展望台と地獄谷第2展望台です。こちらからは地獄谷の全景が眺める事が出来ます。地獄谷の景色は荒々しく人間の手の出しようのない自然の神秘を感じます。