湯の川温泉旅館の日帰り入浴

湯の川温泉には沢山の温泉旅館がありますが、それぞれ温泉入浴のみの日帰り入浴で利用できます。
ホテル湯の川
温泉街の入り口にあるホテル湯の川は空港から車で5分の好立地にあります。 お風呂は男女別で混浴ではありませんが、内湯と露天風呂があり、小じんまりとしたお風呂ですが清潔な感じでした。源泉掛け流しのお湯は無色透明無臭で、海が近いからか塩味がします。露天風呂には屋根が付いていて、悪天候でも安心です。
ホテルかもめ館
ホテルかもめ館は湯の川温泉の素泊まりが可能なビジネスホテルとしての利用が出来るホテルですが、温泉は源泉かけ流しで規模は小さいながらも、温泉ホテル並みの設備になっています。ブラックシリカの石を敷きつめた岩盤浴もあり日帰り温泉入浴でも利用可となっている貴重な施設です。入浴料は1500円で温泉と岩盤浴が利用できるので、格安と言えるでしょう。
湯元啄木亭
大浴場は幅30mのガラス張りになっていて、津軽海峡や函館山が綺麗に見えます。開放感のある露天風呂からは函館空港の滑走路が見えて飛行機の離着陸が見えると言う温泉旅館の露天風呂では珍しい景観になっています。入浴料1000円
湯の川観光ホテル
湯の川観光ホテルのお風呂は充実しています。内風呂だけでも高温、低温、掛け流し、寝湯とあり源泉掛け流しの温泉にありがちな、お湯の温度が高くては入れなかった、ぬるすぎたなどお湯の温度の問題を解決してます。これは個人で好みがありますので、湯船の種類を増やすしかありません。規模の大きい施設はそれだけ有利です。浴室の内装は御影石を使っていて、豪華な感じです。入浴料は1500円です。

湯の川温泉 共同浴場

共同浴場と言うよりも温泉銭湯と言う表現がピッタリです。
日の出湯
熱帯植物圏の目の前にあります。男女別の内湯のみですが、湯船は二つあり一つはぬるめです。お湯はうすにごりと言う感じで、湯船の底に真っ白い湯の花が沈殿しています。湯船には白い堆積がふちに付着して迫力を感じます。入浴料は370円です。  
根崎湯
日の出湯と細い路地を挟んで隣同士にあります。湯船は一つでやはり源泉掛け流しです。温泉のお湯は日の出湯とは対照的で、無色透明で口に含むと塩味を感じます。日の出湯のお湯が荒々しい「ザ・温泉」ならば根崎湯のお湯は上品なお湯です。どちらが良いかは好みですが、隣同士ですので両方入って比べる事ををおすすめします。こんなに近くなのにお湯が全然違うので、自然の奥深さを感じました。入浴料は370円です。
大盛湯
建物はまだ新しい感じがします。館内も清潔で、浴室はタイル張りです。入浴した時間もあるのかも知れませんでしたが、結構込み合っていました。源泉掛け流しのお湯はかなり熱く、常連さんは蛇口の水でうめていました。お湯は塩味を感じます。入浴料は370円です。
長生湯(山内温泉)
看板にも長生湯と山内温泉と書いてあるのですが、山内温泉は長生湯の別名です。長生湯は男女別の内湯のみですが、浴室の隅に源泉があり、源泉からホースで湯船にお湯が注ぎこまれているので、湯量は豊富です。湯船のふちは白い堆積が付着していて、これぞ温泉と言う雰囲気がただよっていました。浴室はタイル張りになっていますが、蛇口なども古く使い勝手はどうかと思いますが、かえって良い雰囲気を醸し出していて、温泉を堪能した後、脱衣所へ向かう時に振り返ると浴室はセピア色に見えました。入浴料は370円です。
湯の川温泉の共同浴場(温泉銭湯)はどの施設にも車が数台置ける駐車場があります。早朝6時から営業していますので温泉旅館に泊まっていても朝食の前にでも温泉は堪能してみてはいかがですか?   

湯の川温泉 旅亭 花ゆら

登別温泉 旅亭 花ゆらは名前の通りたくさんの花に囲まれている宿です。露天風呂や客室、ロビーはもちろんエレベーター前や洗面所などちょっとしたスペースにも花が活けてあり、色とりどりの季節の花が色々な所で目に入り楽しくなってきます。料理は宿泊客のプライベートを大切にするという趣旨のためバイキングはなく、部屋または食事処での懐石料理が選択出来るようになっています。北海道の旬の山海の幸を使った料理の目玉は、毛ガニや真たいのしゃぶしゃぶ、十勝牛は目の前で焼いて食べさせてくれます。料理は食器や盛り付けなど見た目も色も美しいく仕上がっていて、贅沢な気分を味わえます。朝食に出される登別の牛乳は、おいしくて味が濃いと評判ですが、成分の脂肪分が多いのが理由の一つの様です。
客室には露天風呂が付いている部屋があり、春、夏は深緑、秋は紅葉、冬は雪景と四季折々の景色を堪能することが出来ます。内湯である大浴場や露天風呂には、三種類の源泉が引かれています。特に女性浴室には、男性用にはないひのきの香りの良いの露天風呂があり、女性客から好評を得ています。また浴衣は2種類が用意されていて、好みの浴衣を選ぶことができるのも、女性にはうれしいサービスですね。

平成館 しおさい亭情報

平成館 しおさい亭のロビーに入ると大きな吹き抜けのロビーは津軽海峡の砂浜が見えるガラス張りになっていて景色は絶品。お風呂や部屋がらの絶景を楽しみにさせられる。食事は北海道の旬の魚介類が味わえるバイキングと部屋食が選べます。客室内に掘りごたつ式のテーブルがある部屋があり、こちらで漁火を見ながらのゆっくりとした食事もくつろげると思います。料理は海の幸が満載! 毛蟹も一人一匹、カニ味噌がとても美味しかった。
お風呂は4階と7階、2カ所にあります。4階は松とツツジの植え込みが美しい、広い屋根付きの露天風呂。7階は海が壁一面の窓から臨むことが出来る大浴場。夜中に男女が入れ替わるので一泊でも両方のお風呂が楽しむことができます。
部屋は断然おすすめなのが露天風呂付きの和室。ひのきの露天風呂は海に面していて、潮騒を聞きながら、早朝は朝日と遠くまで見える水平線、夜はイカ釣り漁船の漁火と絶品の温泉と景色を楽しむ事ができます。
泉質 :ナトリウム・カルシウム−塩化物泉
効能 : きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病ほか
お土産:平成館のオリジナル菓子「函館とうきびアーモンドフロランタン」

鮨処 木はら 総本店情報
湯の川温泉の海沿いに位置しています。津軽海峡が見える席もあり眺めも良いので、席の予約をしておくと良いでしょう。函館に来たからには美味しい海の幸を存分に食べたいですよね。ランチの営業もしていますので、湯の川温泉の旅館に宿泊した場合、観光の合間の昼食に利用するとよいでしょう。
小腹がすいた夜食利用の場合つまみや日本酒の種類も多いので楽しめますよ。おすすめは北海道で水揚げされた本まぐろです。

平成館 海羊亭情報

平成館 海羊亭の宿名にある“海羊”とは神話上の生き物で、一般にいう山羊座のことです。別世界へ通じる扉を象徴する生きものといわれているそうです。(宿のHPより)きっとこの平成館 海羊亭に温泉旅行に来ることによって別世界へ通じる扉を開けると言う思いからこの宿名をつけたのでしょう。吹き抜けの広々としたロビーには滝が流れていて目を楽しめさせてくれます。

平成館 海羊亭の温泉は自家源泉です。大浴場は白を基調にした大理石が敷き詰められていて、縁に檜を使った東屋造りの湯船もあります。(大浴場のお湯は白湯です。)宿自慢の露天風呂は御影石の浴槽に自家源泉の赤湯を引いています。この赤湯の源泉自体は無色透明だが、噴出後に空気に触れることによって褐色に変わるそうです。この赤湯は五稜郭戦争で戦った土方歳三の入浴したと言われています。露天風呂の赤湯もさることながら、津軽海峡や函館山の景色もご馳走です。

食事は朝夕ともバイキングです。北海道の旬の食材を使った料理も含めて和洋約40種類の料理がうれしい食べ放題です。
浴場 :女子大浴場(白湯大浴場、赤湯露天風呂)、男子大浴場(白湯大浴場、赤湯露天風呂)
泉質 :ナトリウム・カルシウム−塩化物泉(白湯)/含ひ素・含重曹‐弱食塩泉(赤湯)
効能 :リュウマチ、運動器障害、きりきず、やけど、慢性湿疹ほか
おすすめお土産
ホテルオリジナルのお菓子「函館とうきびアーモンドフロランタン」

北浜ラーメン店情報
近くの北浜ラーメン店も美味しいと評判が良いので、ぜひ立ち寄って下さい。ラーメンの王道!函館 北浜商店は、函館 湯の川温泉「らーめんブギ」第一期卒業店は実力の証。トンコツを長時間煮込み、コクのあるスープと評判、道産小麦はるゆたかや今金町産の軟白ネギなど、材料にも徹底的にこだわりを見せている。一番人気は白みそラーメン。

湯元啄木亭情報

湯元啄木亭はロビーは御影石とじゅうたんが敷き詰められていて、美しい日本庭園に面した作りになっています。日本庭園の広大な池には「白露の滝」があり、池を中心にツツジや黒松などの銘木と鮮やかな緑がありかなり凝った造りになっていて、秋には紅葉、冬は雪景色が楽しめる。夏には全長40mのガラス窓が自動開閉し開け放たれ涼しい風が気持ちいい、ここから見事な日本庭園に直接出られるのも楽しい。夜はライトアップされるので、湯上がりや食後の散策も楽しめます。
湯元啄木亭の温泉は自家源泉が自慢の一つ。最上階11階の内湯の空中大浴殿大浴場、雲海は幅30mのガラス窓になっていて津軽海峡と函館山がきれいに見えます。空中露天風呂いさりびは岩組の露天風呂。開放的な景色が楽しめます。函館空港の滑走路が見え、離着陸する飛行機も間近見えるのも楽しい。内湯、露天風呂ともに自家源泉からの豊富な湯量の源泉かけ流しの温泉が楽しめる。湯元啄木亭の温泉は肌ざわりもよく、湯上がり後も体が冷えないと好評のようです。男女ともに函館山や函館空港を眺めながら入れるサウナもあります。
食事は北海道産の旬の食材を使った料理が約40品が並ぶバイキング。朝食の目玉は朝獲れのいかそうめんです。
泉質:ナトリウム・カルシウム−塩化物泉
効能: 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺ほか

想い出づくりの宿 飛天情報 

想い出づくりの宿 飛天の高級感あふれる内装のロビーには着物が飾られた浮舞台、四季折々の道南の絵画を飾ったギャラリーがあります。緑豊かな池泉回遊式庭園に面していて、庭に出る事も出来ます。池泉回遊式庭園は銘木と石橋など趣のある宿自慢の庭園です。着物が飾られた浮舞台、四季折々の道南の絵画を飾ったギャラリー、緑豊かな池泉回遊式庭園を食事や入浴後に浴衣を着て散策すればまた違った温泉旅行が楽しめます。
地上13階にある大浴場や空中露天風呂、湯上がりラウンジ「星月夜」は眺望抜群。御影石で縁どられた露天風呂からは、津軽海峡と温泉街が眼下に見渡せ、夜は星空を見上げながらの入浴が楽しめます。大浴場の浴槽は長さ35mもあり熱め、ぬるめの2つに仕切られているのでぬるめの温泉にゆっくり浸かりたい方に最適す。
11・12階にはスイートルームとも言うべき、「夢窓庵」があり、天井や襖の意匠、調度品にも凝った造りの客室になっています。また広い檜の客室展望風呂もありハイクラスの温泉旅行が楽しめます。こちらは結婚記念日や誕生日といった記念日に利用するのに最適で素敵な思い出づくりが出来るでしょう。
食事は約40種類もの和洋中の料理が揃うバイキングか、個室食事処「北前」での和食膳を選ぶ事ができます。「夢窓庵」の宿泊客は部屋食も選択できます。個室食事処「北前」での和食膳は、活イカの生簀の生きたままのイカを調理する、函館名物活イカ刺しを味わう事ができます。

泉質 :ナトリウム・カルシウム−塩化物泉
効能 :運動器障害、慢性湿疹、きりきず、慢性婦人病ほか
電話 :0138-59-3556

湯の川温泉 ホテル万惣情報

函館湯の川温泉の中心地に位置するホテル万惣は大型温泉ホテルで親しみやすい雰囲気と低料金が魅力。ペット(小型犬)の同伴も可能なので、犬は家族の一員という犬好きの方にはオススメの温泉ホテルです。
湯の川温泉ホテル万惣は 男女それぞれ2つの大浴場と露天風呂があり、豊富な湯量の源泉かけ流し天然温泉が心ゆくまで楽しみます。湯の川温泉ホテル万惣料理は地元北海道の食材を使ったボリューム感のある料理。清潔感あふれるゆったりとした和室を利用出来るため、割安な料金との口コミ情報が多いのが特徴なので、ファミリーや小グループが利用しやすいですね。1階にはティーラウンジ&中華レストラン「シーアン 」があります。こちらもリーズナブルな料金で利用出来ます。
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、うちみ、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性婦人病、冷え症、きりきず、やけど等
はこだて湯の川温泉 ホテル万惣
0138-57-5061

五稜郭タワー情報
現在の近代的なイメージの五稜郭タワーは 2006年にオープンしました。高さ107m。旧五稜郭タワーは、五稜郭築城100年を記念して1964年にが建造されました。旧タワーの高さは60mでした。
展望台からは函館山や津軽海峡、横津連峰の山並みなどが見える360度大パノラマ。そして眼下には美しい特別史跡五稜郭の星形の全景を見ることが出来ます。五稜郭タワーの展望台は五角形、塔体の断面も星形をしていて、五稜郭と星形をモチーフにしています。
アクセス
市電  「五稜郭公園前」下車、徒歩15分

函館麺や 一文字 函館本店情報

函館といえば塩ラーメンですよね。何故かは分かりませんが、ぴったりとはまるイメージではないでしょうか?函館の数あるラーメン屋の中でオススメなのが函館麺や 一文字 函館本店です。一文字屋さんは本店のほかに七飯町峠下店、函館朝市店、札幌宮の沢店があります。函館本店は漁火通りの温泉街の程近くにあります。夜中の一時まで営業していますので、小腹のすいた方は旅館を抜け出して散歩がてら夜食と言うのも良い選択だと思います。浴衣の上に羽織るものを忘れないでください。
一文字のラーメンは、秋田の比内鶏と、南茅部産の昆布を贅沢に使っているそうです。旨味たっぷりで透きとおったスープをミネラル豊富な深層水の塩で味付けしてあります。旨みたっぷりのさっぱりとした塩ラーメンはストレートの細麺がよく合います。塩ラーメンの上にはメンマ、ネギ、海苔、味玉、ほうれん草、麩がのっています。函館の塩ラーメンには麩が乗っているのが定番のようですね。麩がスープを吸っていて口の中に入れるとジュワーと旨みが広がり、麩に含まれたスープを吸い尽くしもう一度麩をスープに戻しスープを吸わせてから食べたほどです。
絶品の塩ラーメンがありながら、味噌ラーメン、醤油ラーメンにもこだわっています。味噌ラーメン、醤油ラーメンのスープはとんこつです。こってりが好みの方はこちらをおすすめします。

函館麺や 一文字 函館本店
0138-57-8934
営業時間/AM11:00〜AM1:00  年中無休

函館朝市店 函館朝市内
0138-27-2333 (営業時間は電話で確認)
木曜日定休日

ichibanar.gif

函館麺や 一文字ホームページ

湯の川温泉の花びしホテル情報

函館湯の川温泉の花びしホテルは美しい日本庭園が自慢。ホテルのロビーや庭園露天風呂からもその景観を楽しむことが出来る、源泉を使用したかけ流しの温泉ホテルです。部屋はプランに合わせた豊富な種類があり、露天風呂付のゆったりした客室やバリアフリーに対応した部屋もあります。大浴場は1階と7階にあり湯めぐりを楽しむことが出来ます。湯の川温泉の市電停留所からすぐと言う好立地と格安の料金プランのためか出張などのビジネスマンの利用の多いのもこの湯の川温泉の花びしホテルの特徴でしょう。
泉質:ナトリウム・カルシウム一塩化物泉
効能:胃腸病 神経痛 疲労回復  
0138-57-0131

湯の川温泉海水浴情報
函館市湯川海水浴場が函館市熱帯植物園前浜があります。遊泳期間は7月の中旬から8月末までです。遊泳期間にはネットを張って(70m×100m)その中での利用になります。この近辺は潮の流れがとても早く、水難事故が多発するため遊泳禁止になっていましたが、ネットを張って遊泳区域を指定しました。
函館市入舟町前浜海水浴場
湯の川温泉から30分ほどの距離にあるのが、館市入舟町前浜海水浴場。入舟町前浜海水浴場は函館山の反対側にあたります。入舟町前浜海水浴場は通称・穴間と言い景色も水もとてもきれいです。

湯の川温泉 新松情報 

湯の川温泉新松は家庭的な雰囲気でくつろげる温泉宿。ペット(小型犬のみ)も同じお部屋に一緒に宿泊できると言うのも犬好きにはうれしいサービスですね。(一泊1050円)犬も家族の一員と言う方におすすめの温泉宿です。
部屋で食べれる料理は函館の海の幸を使ったお刺身、寿司、かに、天ぷらなどがたっぷりと堪能できます。正面玄関横に舟型の大型いけす(水槽)があり、水揚げされたばかりの新鮮なカニや魚貝類が豊富に入っています。これが新鮮な函館の海の幸をいただける理由。北海道ならではの味覚が楽しめます。

泉質:ナトリウム・カルシウム- 塩化物質
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復
はこだて湯の川温泉 新松
TEL0138-57-5558

函館港内の釣り情報
函館港内の大森浜、西埠頭、若松埠頭、万代埠頭などの各埠頭では、カタクチイワシ、アイナメ、マコガレイ、ホッケ、ワカサギやワカサギに似たチカ、などが釣れるます。東京では居酒屋などでなじみの深いホッケですが、30センチ以上の型の良いものがさびきやルアー釣りで初心者でも簡単に釣れます。
函館でイカ釣り情報
函館港内から約15分ほど舟を走らせたポイントでイカ釣りを楽しむことが出来ます。イカ釣りは気持ち悪い餌(すみません。)をつけなくても釣れるので、家族連れやカップル、女性でも安心してイカ釣りを楽しめます。イカを釣り上げると墨をはきますので注意しましょう(笑)。

湯の川グランドホテル情報

湯の川グランドホテルの温泉は豊富な湯量の源泉かけ流し温泉。三本の自家源泉から引いています。自慢の大浴場をはじめとし、露天風呂は地上30mの高さにあり美しい津軽海峡や函館山を一望できる大パノラマ。しおさい足湯など豊富の温泉施設があります。
料理はプランにより、ホテルの最上階の抜群の景観を見ながら、落ち着いた雰囲気で食事を楽しめる和風レストランをはじめとし、小グループむけのおばんさいの食事処、種類豊富なバイキング、気を使わないで済む部屋で味わえるコース料理があり、どのプランも地元の食材で料理した「地産馳走」が料理のテーマになっているだけあり、新鮮さを活かした旬の料理を味わうことができます。美味をお楽しみください。

湯の川グランドホテル  TEL: 0138-57-9161 (代)

函館の観光スポット
函館湯の川グランドホテルのおとなりにある函館市営熱帯植物園は温泉熱を利用した熱帯植物園。園内には約300種の熱帯性植物が植えられています。なかでも注目の的は300日咲き続けると言われる地湧金蓮花(ちゆうきんれんか)は初めて見ました。
黄色い美しい花が力強く元気に咲いていました。ほかにも熱帯植物園らしい美しい花が咲いています。
函館市営熱帯植物園の人気者といえば、ニホンザルですね。サル山では冬季間(12月〜3月)、温泉に入るサルの姿が見られます。温泉に入っているおサルさんの姿を見ると、心がなごみます。
夏場には、ヘイケホタルを見ることが出来ます、ホタルの幻想的な光は一見の価値ありです。
函館市営熱帯植物園  TEL: 0138-57-9161 (代)

湯の川温泉「湯の川プリンスホテル渚亭」 情報

湯の川温泉「湯の川プリンスホテル渚亭」は楽天トラベル全国ランキングでも人気の温泉ホテルです。津軽海峡に面している「湯の川プリンスホテル渚亭」は露天風呂付き客室が124室と日本最大級。部屋からは夜景で有名な函館山の灯りや漁火も見えます。
温水プールは無料で利用でき、子供用のプールもあります。ホテル側も子供連れ歓迎と言った姿勢で好感がもてます。
湯の川温泉「湯の川プリンスホテル渚亭」の夕食はバイキングや鉄板焼からチョイスできます。鉄板焼は湯の川プリンスホテル渚亭のレストラン「青海」のシェフが目の前で新鮮な肉や魚介類、山の幸を調理してくれます。料理のボリュームもなかなかで新鮮素材は塩、こしょうだけでも美味しくいただけます。朝食は朝獲りイカの刺身も楽しめます。しょうが醤油をちょんと付けて口に運ぶと、鮮度の良さとほのかな甘味は味わった事のない初めての味わいでした。さすがは地元と納得。
湯の川温泉「湯の川プリンスホテル渚亭」の客室露天風呂はひのき風呂と岩風呂と二種類あり、なかなかの広さで充分満足できます。客室にお風呂があると赤ちゃんや小さな子供連れの場合気兼ねなく温泉を利用でき、お風呂の温度も変えられるので子供が温泉に入れないと言う心配もいりません。客室露天風呂は津軽海峡の海が一望出来る海側と夜景の見える街側があり選択に迷うところ。大浴場や露天風呂はすぐ目の前が海という抜群のロケーション。津軽海峡の海と函館山が一望出来てとても良い眺めです。泉質は塩分が濃い目で舐めると塩辛いのですが、保温効果や美肌効果があります。