修善寺温泉日帰り入浴施設

独鈷の湯
修善寺温泉の有名なお湯と言えば川の中にある独鈷の湯(とっこのゆ)で、昔は露天風呂として入浴していたそうですが、今は足湯施設になっています。毎年4月に行われる湯くみ式はここで行われます。
知足の湯
虎渓橋のたもとにある茶店の足湯施設です。入足料100円ですが、茶店を利用した方は無料で足湯できますので、温泉街の散策ルートにいれてみれはいかがですか?で茶店では抹茶と黒米餅がおすすめです。お茶を頂いてからゆったりと足湯しましょう。
筥湯
鎌倉2代将軍源頼家が入湯したといわれている修善寺温泉のシンボルでもある日帰り温泉施設です。ひのき風呂は広々としていて、木の香りが心地良いです。修善寺を愛した夏目漱石の漢詩にちなんだ高さ約12mの望楼「仰空楼」を併設してあります。
万福 百笑の湯
伊豆随一の日帰り入浴施設です。色々な種類のお風呂があり、珍しいお風呂は死海の塩を使った塩の湯で、体がぷかぷか浮いて海水浴しているのと同じ感じです。体に傷のある人や敏感肌、乾燥肌の人は注意して入浴してください。露天風呂は寝湯が気持ちよかったです。ブランド物のシャンプーなどが準備されているので女性には喜ばれると思います。別料金ながら砂風呂もあり、砂の種類を選択できて楽しいです。入浴料:平日1500円、土日2000円、砂風呂700円
YUTORIAN 修善寺ホテル
純和風とアジアンテイストが融合した外観と内装のホテルで、ホテルの自慢は先代オーナーが一人で掘りあげたと言う巌窟風呂です。浴室内は思ったより広いのですが、おこもり感がなんとも言えず良い雰囲気を醸し出しています。浴室内はサウナのように暑いですが意外とゆっくり入浴していられます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35498274