湯の川温泉旅館の日帰り入浴

湯の川温泉には沢山の温泉旅館がありますが、それぞれ温泉入浴のみの日帰り入浴で利用できます。
ホテル湯の川
温泉街の入り口にあるホテル湯の川は空港から車で5分の好立地にあります。 お風呂は男女別で混浴ではありませんが、内湯と露天風呂があり、小じんまりとしたお風呂ですが清潔な感じでした。源泉掛け流しのお湯は無色透明無臭で、海が近いからか塩味がします。露天風呂には屋根が付いていて、悪天候でも安心です。
ホテルかもめ館
ホテルかもめ館は湯の川温泉の素泊まりが可能なビジネスホテルとしての利用が出来るホテルですが、温泉は源泉かけ流しで規模は小さいながらも、温泉ホテル並みの設備になっています。ブラックシリカの石を敷きつめた岩盤浴もあり日帰り温泉入浴でも利用可となっている貴重な施設です。入浴料は1500円で温泉と岩盤浴が利用できるので、格安と言えるでしょう。
湯元啄木亭
大浴場は幅30mのガラス張りになっていて、津軽海峡や函館山が綺麗に見えます。開放感のある露天風呂からは函館空港の滑走路が見えて飛行機の離着陸が見えると言う温泉旅館の露天風呂では珍しい景観になっています。入浴料1000円
湯の川観光ホテル
湯の川観光ホテルのお風呂は充実しています。内風呂だけでも高温、低温、掛け流し、寝湯とあり源泉掛け流しの温泉にありがちな、お湯の温度が高くては入れなかった、ぬるすぎたなどお湯の温度の問題を解決してます。これは個人で好みがありますので、湯船の種類を増やすしかありません。規模の大きい施設はそれだけ有利です。浴室の内装は御影石を使っていて、豪華な感じです。入浴料は1500円です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35498257