那須温泉共同浴場

鹿の湯
那須湯元温泉最古の温泉です。木造の建物はいかにも歴史がある雰囲気で、明治時代から続く建物は良い意味でひなびた共同浴場と言う雰囲気で豪華な温泉宿よりも落ち着ける感じがします。長い渡り廊下や少々急な階段も風情があって都会暮らしの方には珍しいでしょう。鹿の湯という名前は1300年ほど前に鹿が傷を癒していたところから命名されたそうです。硫黄が強いので湯船は木の浴槽で、小さな浴槽が何個もあります。湯温は41〜46度に調節してあり、熱すぎず心地よい温度です。お湯は白いにごり湯で性質は硫黄泉、美肌効果が高く人気の共同浴場です。入浴料は400円です。
大丸温泉旅館の露天風呂
大丸温泉旅館の露天風呂は、裏山からお湯が湧き出て出来た湯の川がそのまま露天風呂になっているという開放感のある大自然の露天風呂で、秘湯の雰囲気たっぷりです。標高1300mで那須温泉の最奥地にある立地も併せて日本の秘湯の一つだと思います。露天風呂は混浴になっていてタオルを巻いて入ります。川幅もかなり広く高低差があり混浴が苦手に人も気にする事も無く秘湯を楽しめる思います。日帰り入浴料1000円です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35498244