湯河原温泉 ゆば懐石山翠楼

山翠楼は、ゆば懐石とうたっているように、自家製のゆばを使った懐石料理が自慢の料亭旅館です。
旅館の玄関を入ると正面には日本庭園が見え、数寄屋造の純和風建築の美しさと合わせて、センスの良さに感心しました。お風呂は360度大パノラマの展望の露天風呂の「大空」がおすすめです。露天風呂の湯船が、まるでプールみたいです。残念なことにこのタイプの露天風呂は一つしかなく、男女時間制で入れ替えになっていますので、予定を立てての入浴が必要です。露天風呂付きの客室も充実していて、部屋は広く清潔です。
食事は部屋で食べることが出来、一品ずつタイミングを見て配膳してくれますので、熱い料理も熱々で食べれました。このスタイルは朝食でも同じで、定食の様ではなく出来たてを数回に分けて配膳してくれます。大食漢の私は、お造りの盛り合わせとあわびの踊り焼きを追加オーダーして、大満足でした。

湯河原温泉湯かけまつり
湯河原温泉湯かけまつりは、毎年5月の第4土曜日に行われます。
木桶で組み上げた神輿5基が温泉街を練り歩き、沿道の人々が神輿に威勢良くお湯をかけるというお祭りです。水掛け祭りと言うのは、深川の水掛け祭りなどで知っていますが、湯かけまつりというのは初めて聞きました。さすがは温泉地ですね。このお祭りは、神輿の担ぎ手と沿道の観客とが一体になって盛り上がれるので、見ている方も楽しくなります。

観光協会で企画する「湯かけまつり女性神輿体験ツアー」と言う企画があり、5基の内1基は女性の参加者がかついでいる神輿です。おすすめ見学ポイントは「観光会館前広場」と「泉公園」です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35498215