伊豆長岡温泉 京風料亭旅館正平荘

正平荘は京風料亭旅館と言うだけあって京風懐石料理が堪能できる、料亭旅館です。料理長は、京都の有名料亭で修行したらしく、味もさることながら、盛り付けや器の美しさには、感動しました。少し大きめの器を使い、心を込めてり付けたと言う感じで、まるでフランス料理をいただいているようでした。駿河湾の地魚も新鮮で、あわびとウニの炊き込みご飯も人気があるのは納得です。5月中旬から8月下旬は狩野川の鮎が、塩焼き、背越し(鮎の刺身)、寿司と味わえます。そして秋には松茸、冬にはふぐ料理もあるそうです。
大浴場は総ひのき風呂でセンスの良さを感じさせる作りになっていました。露天風呂は伊豆石を使った岩風呂とマイナスイオンを発生させると言う炭モルタルの湯船は落ち着いた雰囲気です。客室露天風呂のゆは、温泉を引いていました。湯船も趣向を凝らした作りになっていて、広さも十分あり、日本庭園を観賞しながら、ゆっくりと入浴できます。

伊豆長岡温泉の楽しみ方
伊豆長岡温泉近辺の人気観光スポットに伊豆洋らんパークがあります。伊豆洋らんパークには、500種、2万株のらんの花をはじめ、サボテン、熱帯植物、水辺植物、四季折々の花が咲き乱れています。温室の中は、遊歩道のようになっていて、ぐるっと1周まわってこれます。蘭の花は500種類もあり、1年中咲いていますので、見逃すことはありません。らんの花は色とりどりで感心するほど美しいです。熱帯植物の温室ドームは、天井が15メートルもあり、滝くぐりのコースもあります。見慣れない熱帯林の植物は生命力があり迫力さえ感じます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35498210