箱根芦ノ湖温泉 匠の宿 佳松

匠の宿 佳松は芦ノ湖畔の南側の高台にあり富士山の景観が楽しめる全19室のこぢんまりとした宿です。宿泊客が少ないのでサービスも行き届いていて、大浴場や露天風呂も十分な広さがありゆっくりと浸かることが出来ます。露天風呂は二カ所ともに岩風呂で湯船の真ん中に大きな岩があり、荒々しいイメージです。貸し切り風呂が一ヶ所ありますが、こちらは無料で利用することが出来ます。
客室についている露天風呂も岩風呂で、緑豊かな庭続きになっています。客室露天風呂で入浴しながらプライベートの森林浴が楽しめます。数寄屋造の客室は、ゆったりとした造りで清潔に管理されていて落ち着けます。部屋からは富士山や芦ノ湖がきれいに見えて豊かな自然を感じさせられます。
食事は部屋でゆっくりと食べることが出来ます。全11品の京風懐石料理はピンつつ出すタイミングを見計らってくれます。仲居さんの気配りがうれしかったです。料理の味はもちろんボリュームも十分でした。

箱根温泉の楽しみ方
大涌谷は今から約3100年前の火山の爆発によってできたそうです。今でもところどころ噴煙していて強烈な硫黄臭が漂いその様子は大涌谷の旧名である地獄谷と言うにふさわしい迫力のある眺めです。
大涌谷の名物と言えば黒たまごですね。この黒玉子は地熱を利用してできたゆで玉子ですが、温泉の成分である硫黄と鉄分がたまごを黒く変色させているそうです。その黒卵を1個食べると7年寿命が伸びると言われています。この黒タマゴはお土産としても人気があります。
大涌谷の1番上まではかなりの急斜面で階段も長く続きます。サンダルやかかとの高い靴だとちょっと疲れてしまうので注意が必要です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35498190