名湯の宿 パークホテル雅亭

名湯の宿と名づけられている通り、自家源泉のほか硫黄泉など4種類の湯を引く色々の湯船が自慢で、豊富な湯を掛け流しにしています。乳白色のにごり湯もあり、湯の温度はややぬるめと高温に設定されています。ぬるめのお湯では長湯も楽しめるので、とても体が温まり、すべすべとした美肌になると評判です。名湯の宿パークホテル雅亭は有料ながら、アロマエステコーナーがあり肌をトリートメントすることで温泉との相乗効果も期待でき、血液やリンパの流れを整えてくれ、肌に張りが出て美肌に効果があります。売店ではビールが売っていて、登別温泉の地ビールは赤い缶で登別のシンボルの鬼の絵がデザインされていて、湯上り後に飲むと格別です。お土産にも喜ばれると思います。
食事はバイキングになっていて、地元北海道の旬の食材を中心に和、洋、中華の約40種類の料理が並び、ズワイガニも食べ放題になっています。料理が並ぶカウンターの後ろがオープンキッチンになっていて、作りたての料理が食べれます。バイキングの人気の料理である中国人の点心師が作る餃子もここで作られています。デザートのケーキは小さくカットしてあって色々食べれて楽しいです。
客室はホテルならではの洋室ですが、和室もあり子供連れにはこちらをおすすめします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35498184