祝いの宿 登別グランドホテル

祝いの宿 登別グランドホテルは洋風の雰囲気があり「登別の迎賓館」と言われている温泉ホテルです。ホテルの自慢はローマ風ドーム天井の大浴場ですが、エキゾチック雰囲気と評判です。この大浴場の他に小さな湯船がいくつもあり、3ヶ所の源泉から異なった泉質の湯をそれぞれの湯船に引いていると言う贅沢な温泉になっています。泉質は食塩泉、硫黄泉、鉄泉で、湯めぐりも楽しめます。露天風呂も露天ひのき風呂、露天岩風呂と2種類もあり、和風庭園露天風呂と言う雰囲気で、お風呂は非常に清潔で気持ちよかったです。全体的にお湯はぬるめになっていて長風呂がきると評判です。
食事はプランにより客室で食べれる懐石料理のコースとバイキングが選べます。プランの目玉は噴火湾で獲れた毛がにやホタテ、甘エビなどで、他のメニューも北海道ならではの新鮮な食材を使っていて、盛り付けも美しく豪華な感じです。
バイキングの食事会場でもあるグランドホールはサンルームのような造りになっている席もあり開放感いっぱいです。バイキングの料理は約40種類程ありオープンキッチンで作った、作りたての熱々の料理が食べられます。食材は旬の地元の食材を使っていて魚介類は新鮮そのものでした。パンもホテルで焼いた焼きたてです。
売店では北海道の大人気商品のじゃがポックルが売っていました。とにかく人気があり陳列してもすぐに売り切れ状態なので巡りあえるのは運しだいです。もう一つ人気のある登別グランドホテルの食塩泉から作った無添加の化粧水の「悠泉美水」は肌への浸透力と保湿力が高いと好評です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35498177