温泉と花粉症の関係

温泉に入浴するということは、スギ花粉やひのき花粉による花粉症の予防には大変効果的です。もちろん温泉に浸かるのがよいですが、足湯や手湯、半身浴などでも充分に効果を期待できます。温泉で体を温めると、体の冷えやむくみをとることができ、血液やリンパの流れがよくなります。特に花粉症の始まる春先はまだ肌寒く、体の冷えによる免疫力の低下は花粉症の大敵です。温泉で体を温めるということは体質改善につながり花粉症の症状を抑える効果が期待出来ます。この治療は湯治と同じ意味合いを持つと思います。

花粉症に効果のある泉質ですがアルカリ性の泉質をおすすめします。温泉で体を温めることにより、老廃物も除かれ、身体がぽかぽかに暖まり、リラックス効果もあるため、辛い花粉症でのストレスもやわらぐ利点もあります。また、アルカリ性の温泉を飲泉することも、花粉症の予防に効果が期待出来ます。水に解けた毒物はやがて体外に排泄され徐々に効果が表れるでしょう。薬と思って毎日続けて飲泉し、十分な睡眠を確保したり、粘膜を刺激する飲酒や喫煙を控えるなどの生活習慣の改善を同時にするとより効果があるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35498164