温泉たまごの作り方 

温泉地で実際に源泉を使って作る温泉たまごの作り方は、80度のお湯で12分加熱したたまごをさらに50度の源泉に二時間以上を入れて作るそうです。
この作り方で温泉たまごを作ると、たまごの中に温泉の成分が含まれてひと味違った温泉が出来ます。
やはり温泉地で食べる温泉たまごはひと味違うのが納得できますね。 これも温泉たまごの作り方のオリジナルレシピです。
簡単な温泉たまごの作り方として、炊飯ジャー使ったりたまごを冷凍するやり方が「伊東家の食卓」や「はなまるマーケット」などの人気テレビ番組で紹介されていますね。
テレビ番組では紹介されませんでしたが、私の簡単温泉たまごの作り方を紹介します。(笑)
冷蔵庫に入っていたたまご(LLサイズ)2個をラーメンどんぶりにいれ、沸騰したお湯を注ぎいれお皿などでふたをして放置。
お湯が完全に冷めたら出来上がり。
注、たまごの温度、ラーメンどんぶりの大きさにより出来上がりに多少の誤差があります。
ご自分のオリジナルレシピの作成の為に参考にしてください。

          関連記事 温泉たまご>>
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35498161