温泉たまご                               

温泉旅館に泊まると、朝食に「温泉たまご」が出ますね。
黄身は柔らかに固まりかけていて、白身がまだ半熟という温泉はたまご好きにはたまらないご馳走である。
温泉たまごは68度のお湯で30分程茹でるとできあがります。(たまごのサイズ、たまごの温度により多少の誤差があります。)
たまごの白身は、70度くらいで固まり始め、80度で完全に固まり、黄身の方は、70度までに完全に固まります。
こうしたたまごの性質を利用して68度で三十分というレシピが出来上がったのでしょう。
なぜ温泉たまごと言う名前が付いたのかと言うと、温泉にたまごを落としてしまい、拾い残しのたまごを発見、割ってみたら温泉たまごになっていたと言う説が有力です。
昔、この温泉たまごを家庭で作る場合、鍋に温度計をさしタイマーで時間を計って作っていました。気を使う料理ですね。
最近では、温泉調理器なるものも発売されていて非常に便利になりましたね。また「伊東家の食卓」や「はなまるマーケット」などの人気テレビ番組で温泉たまごの特集が放映されるなど、温泉の人気は根強いですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35498160