温泉入浴のマナー

温泉は多くの人が利用する公共施設です。
すべての利用者が気持ち良く温泉を楽しむ為にマナーを守りましょう。

1、 入浴は体を洗ってから。(衛生上必ず守りましょう。)
2、温泉に入る前には「かけ湯」をしましょう。
 (入浴前に体をお湯かけお湯の温度に体を慣らすことで入浴時の体の負担を減らす効果があります。)
3、浴槽内にタオルを入れない。
 (まだ使っていない新しいタオルでも同様。他人はあなたのタオルが新しいかどうか判りません。)
4、 髪の毛が長い人は髪の毛を結ぶなどして、浴槽内に髪の毛が入らないようにしましょう。
5、喫煙、飲食はしない。
  (露天風呂でよく見かけます。気持ちは良く判りますが、客室に戻るまで我慢しましょう。)
6、 小学生以上の男女の混浴は避けましょう。
  (最近の子供は成長も早いので注意しましょう。親からみればまだ子供と言う感覚があり気がつかない事も。)
7、 乳児・幼児には必ず保護者が同伴しましょう。
  (足を滑らせたり、湯船に落ちたり思わぬ事故につながる可能性も。)
8、浴槽内で泳いだり潜ったりしない。
  (子供に限った事ではないようです。)
9、洗い場に私物を置いての場所取りをしない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35498154