温泉とは

温泉とは

温泉とは、地中から湧き出したお湯。そのお湯を利用した入浴施設の事も総して温泉と言います。温泉には色々の物質が含まれていて、入浴用、飲用として用いた時に医療用として効果があるのも温泉の特徴です。

温泉というと地中から熱いお湯がもうもうと湯気をたてて湧き出ているイメージがありますね。温泉のお湯の温度は(温泉源から採取されるときの温度。)
25度以上ないと温泉とは言わないという定義があります。25度以下は温泉と言うと違法になります。(温泉法)

実際に湧き出ている温泉の温度は温泉地によって様々で、熱い温泉を加水して埋めて温度を調節したり、逆にぬるい温泉(25度以上)を沸かして使っている温泉もあります。

いつだったか25度以下の湧き水や水道水、井戸水を沸かして温泉と偽りにな事件になりテレビや新聞を騒がしましたね。
温泉は自然に湧き出ているイメージがありますが、ポンプで汲み上げているものもあります。
ところで温泉はなぜ熱いのかというと、地下水が地球内部の火山性ガスや地熱などの熱により熱せられるからです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35498153